バーチャルオフィスで初期費用を抑えて起業を立ち上げる

Office

レンタル料の傾向

都心部ほど高くなる傾向

work place

起業を起こすうえで選択肢の一つとして考えられるのがバーチャルオフィスではないでしょうか。これは最低限必要な住所や電話番号たFAX番号をレンタルするものであります。バーチャルオフィスの良いところは初期費用が安く抑えられることかもしれませんね。また大阪などの大都市の住所をレンタルするケースも多いかと思います。それは大阪のような大都市に住所があればそれだけ企業としての信用度が高くなるということもあるからです。そして気になるのがレンタルする料金だと思います。都心の住所を借りるほどその料金は高くなる傾向があります。例えば東京では場所によりますが10000円から数万円程度であったり、大阪においては安いものだと数百円程度のところもあるようです。

バーチャルオフィスの歴史

起業家にとって問題なのが事務所のことかもしれません。これをバーチャルオフィスで解決しようと考えている事業者も少なくないかと思います。最近では少しずつ認知度が高まっているバーチャルオフィスですがその歴史をたどってみましょう。バーチャルオフィスという名前が出始めたのは2000年代に入ってからのようです。それまでは普通のレンタルオフィスが主流でしたが、インターネットや携帯電話が普及するようになってから事務所としての仕事場が必ずしも必要ではなくなったからだといわれています。住所や電話番号など最低限のものがあればビジネスが出来るという時代になったということなのかもしれません。現在では東京や大阪などを中心にバーチャルオフィスを提供する業者も増えているようです。

便利に利用できる

Male staff

自分で仕事を始め自宅で仕事を行うケースが発生した場合、自分の仕事を発信しにくいものです。そこで、今はバーチャルオフィスで住所を借りていくのです。様々な場面でバーチャルオフィスは便利に利用できます。

Read More

柔軟性ある使い方

Team work

企業の業務によってはオフィスが必要ない、使わない場合ももちろんあります。そんな時には、バーチャルオフィスを利用すると良いでしょう。バーチャルオフィスなら、大阪をはじめとした経済の中心地に企業所在地を移すことが出来ます。

Read More

高まる注目

Female staff

最近は新しいオフィスの形態としてバーチャルオフィスが注目されています。東京や大阪などの都心に住所を借りることが出来ると、対外的な信用度が増すのがメリットの一つとして挙げられます。またオフィスはインターネットから検索することが出来て、借り方は比較的簡単な手続きで済むようです。

Read More

Copyright © 2015 バーチャルオフィスで初期費用を抑えて起業を立ち上げる All Rights Reserved.