バーチャルオフィスで初期費用を抑えて起業を立ち上げる

Office

柔軟性ある使い方

Team work

企業が柔軟性の高い業務を行う上で、欠かすことの出来ないサービスの一つがバーチャルオフィスです。バーチャルオフィスはその名の通り「仮想のオフィス」で、実業務を行わずに名義上のオフィスをレンタルするサービスを指します。これを利用する事で、極端な例を出せば「自宅で企業活動を行いながら、企業所在地をアメリカとする」といった事も条件が揃えば可能なのです。企業所在地は、その企業のイメージを印象付ける重要な要素となります。例えば企業情報を閲覧した時、その所在地が大阪の中心部である場合と、離島の住宅地の中である場合ではイメージが大きく変わるでしょう。大阪は日本でも有数の経済拠点である為、その地価は非常に高いです。その大阪にオフィスを設立できるということは、それだけ安定した企業だというイメージを与える事が出来るので、より企業の信用獲得に繋がるのです。もちろん大阪以外にも様々な土地にオフィスを設立することが可能なので、自分の好みや業種に応じた地域選択が可能なのも魅力となっています。

バーチャルオフィスを利用することで、企業運営の際に大きなコストとなる設備維持費用を大幅に削減する事が出来ます。一般的なオフィスの場合、賃料や電気代、水道代のほかオフィス清掃に必要なティッシュ等の料金など非常に様々なコストが発生してしまいます。しかし、バーチャルオフィスなら名義だけのものなので、そういった費用を全てナシにする事が出来ます。基本的には利用料金以外発生する事がないので、安心して企業活動に専念する事が可能でしょう。また、一つの建物をシェアするタイプのオフィスもあります。テーブル1つ分のスペースを企業ごとに割り振ったこのタイプなら、簡単な受付等を設けることも可能なので、本当のオフィスのような利用も可能なのです。

Copyright © 2015 バーチャルオフィスで初期費用を抑えて起業を立ち上げる All Rights Reserved.